マーカス・バッキンガム

企業の人事でも使われていると聞き購入。 カバー裏のIDを入力するとWebでストレングスファインダーを受けられます。自分の特性が5つでるんですが、かなり当たっていました。

おすすめです。

マーカス・バッキンガム

さあ、才能に目覚めよう [ マーカス・バッキンガム ]

その特性が伸ばすべき才能ということで、本にはその特性を持つ人のためのアドバイス、またその特性をどんな人がもっているか、その特性を持った人がどんな成功をしたかなど。 ストレングスファインダーを受けるために購入したんですが、本も読みやすく内容が充実していてよかったです。 自分に必要なページだけを読んでいく感じです。この本は、転職をしたいと考えている今年、自分の分析に参考になればと思い購入しました。本の裏側に個別の番号が書かれていて、その番号をURLに入力するとアンケートの結果で自分の「天賦の才能」がわかる、という形になっています。非常に参考になり、repeatして読もうという感じです。タイトルが能動態な為、一見自分の才能をどう生かしていくか…という感じですが、途中から雇用主やマネジメント側からどう個々の才能を生かすかに変わっている感じが否めません。マネジメントの方でしたら参考になるとおもいますが、自分をどう生かしていくかを探りたいのであれば、この本をベースとしてさらに追及していく必要があるでしょう。ネットショップのマネージャーをしております。好奇心で、はじめは自分用に購入しました。内容も脳の成長による才能のでき方など非常に面白くストレングスファインダーというネットでの才能発見テストで、特別な強みなんて無いと思っていた私の、強み(=才能=脳の行動パターン)がわかり、本来の自分に戻る事ができた感じで、本当に人生の景色が明るく変わりました。テスト結果は34の強みの中から上位の5つが出ます。私の場合は1位着想、2位分析思考、3位成長促進、4位責任感、5位未来志向でした。この才能がどんな才能なのか、この才能を持った人をどう活かすべきなのかは本に書いてます。結果と自分の考え方、行動を観察してみると納得。自分の最善の生き方をこの本に気付かせてもらったと感動しました。仕事でも非常に役立ちます。強みが分かれば得意な仕事や作業が分かるようになり生産性も上がります。しかも自分の脳が大好きな活動なので、長い間、継続しても楽しさ、幸せ感を感じる事ができます。この時に思いました。本にも書いてあることですが、会社のスタッフ全員が強みを共有すれば、職場の生産性が上がり、みんなが幸せになれる真の適材適所が実現できるのではと。今それを実践してるところです。職場での真の相互理解、マネージャーの考える真の適材適所に役立つと思います。興味を持つ人と無関心な人がいますが、理解した人から少しづつ進めていけばよいと思っています。強みしか出ないので情報共有はしやすいと思います。すでに会社のスタッフ全員に本をプレゼントして、テストをやってもらい、スタッフ全員の強みリストと各才能の説明を毎日のように眺めていると、もの忘れの激しい私が、いつの間にか全て記憶してました(笑)記憶したおかげで職場でのスタッフへの理解が深まり、仕事の振り方や接し方がスムーズになったと実感してます。この本を読んで日本の教育、世界の教育、自分の子供の教育についても「強みを活かすべき」と考えるようになりました。私は死ぬまで強みを活かし続ける生き方をするつもりです。私の人生の明るく幸せな方向を示してくれたこの本をできるだけ沢山の方に読んで頂きたいです。自分の強みを知りたい方(就職や転職の際にも役立つと思います。)、職場でマネージャー職にある方、またはトップの方にも絶対オススメです。自分の強みを知るための本です。なぜ、強みを知る必要があるのか?最初に記載されている内容です。強みを34種類に分類しています。本のカバーにWebサイトのIDが印刷されています。ここでアンケートを行い、あなたがどんな強みを持っているのか5つ判断されます。強みを伸ばしたい方、何が自分の強みなのかわからない方、再発見したい方にお薦めです。なお、この本は町中の本屋さんで購入しない方が良いと思います。カバーのIDが利用できないかもしれません。勝間さんが勧めている新聞記事を読み購入。この本についてくるネット診断こそ、メインといってもいいくらいです。40分前後かかる本格的な診断です。私の強みとして出てきた4つは自分でもそう、そうと思うもので、1番の強み(強み上位5つが順位もついてわかります)と出たものは、それが1番なんだ!とちょっと意外なものでした。自分自身をよく知るために、よいツールであり、その分析に役立つ本だと思いました。会社で購入を勧められ購入しました。内容は自分の強みをどんどん伸ばしていくことで人生を築いていくという内容です。この本を購入してしかできないストレングスファインダを実施することにより、自分が気づかなかった強みに気づくことができます。とてもいい本なので、ぜひ購入して読んでください。強み=才能+知識+技術。知識と技術は後からでも身につけられる。けれども才能は無意識のもの。その人の持って生れたもの。「才能」というと、何か特別なもの、のようなイメージになりますが、この本によると、「良いも悪いもない」「本人にとっては当たり前にできていること」。だから本人が気付きにくい。世間では「欠点や弱点、短所をなくそう」としがちですが、自分の才能を正しく認識し、それを伸ばして「強み」にしましょう。自分に足りない資質はチームワークで補ってもらう、資質が求められない職業につく、など、ちょっと視点をずらした本です。※注意本1冊につき1IDで、ネット上でテストを受け、自分の上位5つの資質を知ることができます。中古品はIDが使われてしまっていると思うので、購入しないほうがよいでしょう。本1冊の価格でテストが受けられると思うと安いです。パソコンで診断ができると言うことを聞き購入しました。まだ、診断してませんが、診断時間は30分位かかるそうです。でも、自分の得意な分野とかが改めて知れるそうなので、転職を考えてる方や、経営者、店長やマネージャーをしてる方、などが試してみるのもいいかもしれません。診断するには本一冊に1つシリアルナンバーが記載されてますので、複数人で診断したい場合は人数分の本を購入しないといけません。が、このお値段で、自分の活かせる事が見えてくるはずなので、それを考えるとお安いかな?友人はこの診断でやはり、自分のやりたい事がバッチリ合ってたので次のステップに背中を押されたそうです。試してみる価値はありますね。「ネット上で簡単に自分診断が出来る」ことを知り、1冊に1つプレゼントされているIDナンバー目当てに購入。でも、内容が面白く夢中になって読んでしまいました。一般社会では常識になっている「弱点を極力減らす努力」は、ダメージコントロールであり、発展につながらないと言っている。200万人へのインタビューやデータで立証しながらの筋道だてた内容は、非常に説得力があった。この本を読んで、自分自身と人に対する認識が変わりました!(他人へのイライラが無くなりました)友人や同僚にプレゼントで追加購入し、さらに「最高の成果を生み出す6つのステップ」も買いました!本当にお勧め!友人に勧められ 購入しました。コンピュータで選択式の出題に答えてゆくことで自分の強みを発見できます。また なぜ強みを知る事が大切なのかが わかりやすく説明していあり なかなか良い本だと思います。人生の岐路に真剣に読んでみるのも良し、興味本位で気楽にやってみるも良し、どちらにしても買って損はない本だと思います。書店で題名だけを見たなら、ありがちな自己啓発本のようで全く興味を惹かれなかったと思うので、お勧めしてくれた友人に感謝しています。以降、私は知り合いへのプレゼントにも購入させてもらっています。本の中にIDが書いてあり、強みを発見するテストを行うには 一人一冊必要です。他の方も書かれていますが、IDを他人に盗み見られて既に使用されている可能性もありますので、書店で陳列してあるものを買う際には注意が必要だと思います。勝間さんオススメ本としてかなり有名のようですが、今回診断テストを受けたくて購入しました。自分としてはちょっと意外な結果がでましたが、参考になりました。この本はIDがありますから、インターネットで購入をお勧めします。本屋で買ったらIDが使えませんでした。だれかが・・・・・ 。来年4月に産休から復帰予定なのですが、再び仕事に戻るにあたって、自分の強みを知っておきたいと思い、購入しました。本ごとにシリアルナンバーがついており、ネットでテストを受けることによって、自分だけの強みを調べることができます。この手の自己診断が好きなこともあり、購入してみました。弱点を克服するよりも、自分の強み=才能を知って、強みを伸ばすことで成長しよう! という内容です。その「強み」を知るために、ストレスファインダーというテストがついており、全部で34ある強みの中から、自分の中で強い物5つを知ることができます。結果を見て、はじめはやや意外な感じもあったのですが、読み込むうちに、それぞれ思い当たるフシのある5つと感じるようになりました。社内で大流行したために購入。自分に自信がつきます。まわりの方々もテスト済みですので、自分のことと同じくらいにまわりの方々のことも理解してあげることができ、仕事がスムーズに進みます。このテスト結果が全てではないことは100も承知ですが、やらないよりはやったほうが賢明かと・・・人生開けてきたかも(笑)この著作を購入すると、ストレングス・ファインダーという、180問くらいの質問によって、自分の強みを分析することができるサイトのIDを入手できます!!それができるだけでも、しっかりと元がとれますが!!友人の強い勧めで購入しました。一人ひとりの個性を特徴付ける、34の資質のうち、最も顕著な5個を探し出し、それを生かそう、という内容です。苦手なものを克服することよりも、得意なことを最大限伸ばすことに力を注いだ人たちが、より適した職業に就いたり、社会貢献と自己実現を両立しやすい、という大意が印象的でした。一冊ずつのカバーの裏側に印刷されたID番号を、関連サイトに入力すると、調査会社への協力、という形で、読者も自身の「5つの強み」を見つけるサービスを受けられます。質問の内容は、国民性の違いか、回答しにくい、と感じるものもありましたが、結果を紹介してくれた友人に知らせると「当たっている」といわれましたし、一番特徴的な「資質」については、自分でもかなり当たっているように思いました。ただし、それをどのように伸ばし、生かすか(診断そのものをどのように受け止めるか)については、当然とはいえ、読者自身に委ねられているわけですが。。国単位での傾向の違いなどに配慮されていれば、★5個にしたいところ、ということで★4個です。ID番号は一度しか使用できないようですので、古書で買われる場合は注意が必要かと思います。リーダーシップ、人間関係について述べた続編も出ていて、できれば続けて読みたいと思います。勝間和代さんの推薦が日本経済新聞に掲載されており、おもしろそうだなと思い購入しました。まだ読み始めなのですが、”なるほど”という感じがします。第3章まで読むと、自分の強みを知るテストが受けられるみたいです。それが楽しみです。会社からの推奨図書ということで購入しました。200万人のインタビュー調査から導き出された行動パターンから自分の強みを見つけ出し伸ばしていこうというもの。この本を購入すると、自分のIDナンバーを入手することができ、それをこの専用サイトにアクセスして入力し、質問に答えていくと、この本で紹介されている34の強みから、特に自分に最適と思われる5つの強み・才能を示してくれます。自分を客観的に振り返り、自分の才能を伸ばしていく上で大変参考になりました。私は部下にも同じ本の購入を勧め、部下にもアンケートをやってもらいました。その結果、私が気が付かなかった部下の潜在的な才能がわかり、それを基に面談やサポートを行うことで、部下の成長にも役立てられると思います。研修で使い、自分の強みがわかるというテストができ、よかったので家族に勧めてみようと思い購入しました。発送が早く、すぐに届きました。自分用に買って良かったので、2冊目をプレゼント用に購入しました。喜んでもらえて良かったです(^o^)コーチングの講師の方の紹介で購入。本についている「シリアルナンバー」でネットでテストを受けることができますが、1冊に1つのシリアルナンバーなので、夫婦で調べたい時は2冊必要・・・というのが難点。売り上げには響くのでしょうが、1冊購入した人には、シリアルナンバーだけ購入できるシステムがあると助かります。先に購入した友人が、中身は「英語を日本語に訳した・・・という感じで読むのが大変」と言っていましたが、まさにそんな感じで私も自分に必要なところだけ読みました。でも、テストすると自分がよくわかって面白いです。自己診断テストを利用したくて購入しましたが、個人的には少し期待外れでした。アクセスIDがあるので店頭で買うと不正利用されていたりする危険性がある点で、ネットでの購入をおすすめします。とある方にすすめていただいて購入したのですが本当にすばらしい、良くできた書籍だと思います。この書籍ならではのビジネス上の仕掛けにも感心せざるをえませんし・・・内容について語りたいことはたくさんあるのですがネタバレになりそうです。しかし、「自分をどんなふうにとらえたらよいのだろう?」と思っている方はもちろん、「自分は○○が弱いからもっとこうしなくちゃ!」と思っている方にこそ読んでいただきたいと思いました。自分用に購入して、付属のテストをしました。面白かったので、彼へもプレゼントしようと思い購入しました。コーチングの講習会で薦められて購入しました。本に厚みがあり、少々とっつきにくい感もありましたが、この本に付いている「ストレングスファインダーテスト」(パスワードが記載されていて、1冊につき、1回のみテスト可能)が、凄い!34個の才能のうち、自分の特徴的才能の上位5位までが確認できます。占い等の比じゃない確立の高い判定に納得しきりです。パスワード盗難防止の為にもネット購入をお勧めしますこの本は中古でも発売されていますが、新品で購入しました。やはり、自分の強みや弱点なども視野に入れて、潜在能力を見つけることも不可欠です。できれば、中学生以上の方を含めた「学生」という方にはぜひ読んでいただいて、得意分野があれば伸ばしていけるようにしていけると思います。例えるなら「他人が釣った魚を食べる」のではなく「他人からは魚の釣り方を教りながら、自分の力で釣り、自分で釣った魚を食べる」ということです。自立する人はみなさん行っていますので、オススメしておきます。会社のメンバー全員でそれぞれの強み、弱みを知るために購入。ネットで分析してくれますが、内容としてはかなり自分自身が感じていたものとマッチしていました。この結果を参考にして、コミュニケーション力を上げ強いチームを作っていきたいと思います。是非、所属員とのコミュニケーションで悩んでいる方はメンバーにプレゼントをして一緒にやってみてください。ストレングスファインダーがやりたくて購入。自分の説明を、客観的に他人にしてもらった感じです。自分はこういう人間なんだと、生き易くなりました。おすすめします。勝間和代さんが以前から取り上げていて興味を持っていたので購入。ストレングス・ファインダーというウェブでのテストで(カバー裏面にIDがあります・・・)「強み」=「才能」を見つけて、「ビジネス」に活かす、という内容ですが、「ビジネス」を「人生」に置き換えてもよいのでは・・・と思います。自分は「弱点にはどうやって対処すればいいか」にヒントをもらいました。ただ、「現実」に活かすのは、自分しだい・・・。がんばろう!という勇気が出る一冊です。。